上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09.11 水害!
今日、9月11日と言えば・・・アメリカの同時多発テロと思われる方もいるかと思いますが。。。
名古屋に住む人は・・・
2000年の9月11日に名古屋市およびその周辺で起こった豪雨災害が浮かびます。
東海豪雨と呼ばれ、都市水害の恐怖を実感させる大きな被害で話題になりました。

2000年9月7日頃から本州付近に前線が停滞し11日から12日にかけて台風14号の東側を回る暖湿気流が前線に向かって流れ込んだ為、前線の活動が活発となり、愛知・三重・岐阜県の東海地方を中心に記録的な大雨となる。
11日夕方頃から、名古屋市をはじめとする東海地方を中心とした広範囲にわたり大きな被害をもたらし、2日間の積算降水量は多いところで600ミリ前後になった。
名古屋市では11日の日降水量が、平年の9月の月降水量の2倍となる428ミリとなり、2日間の合計降水量が567ミリに達した。愛知県東海市では11日の午後7時までの1時間に114ミリ、日降水量492ミリを記録。

東海豪雨名古屋市周辺で最も浸水被害が激しかったのは、天白区野並地区で天白川とその支流の藤川の堤防に囲まれた堤内地が水面より遥かに低い地形の地域!行き場を失った雨水が集中し、ポンプ場から天白川に排水した水が、そのまま藤川の支流の郷下川を逆流して再度野並地区に流入するという悪循環を繰り返し・・・


地区の住宅の1階は完全に水没・・・住居内での溺死者も発生した。

東海豪雨!一方、名古屋市の北にある庄内川水系新川では、長さ100メートルに渡り、堤防が決壊!
愛知県内で少なくとも10か所で決壊し、名古屋市中川区下之一色町では、県道の橋より南側にあった集落が浸水により居住不能となり消滅した。



岐阜県でも同様に矢作川流域を中心とした恵南地域に多大な被害が出た。
消防庁によると、静岡県・岐阜県・愛知県・三重県の各県で10人が死亡し115人が重軽傷を負った。
経済的被害は2700億円を超え、1959年の伊勢湾台風以来の水害となりました

あの日・・・・姫と大将は会社にいました。。。
午後5時半くらいにバケツをひっくり返した様な雨が降りだし・・・仕事を打ち上げ・・・
普段なら家まで車で15分の距離。。。
しかし、名古屋も至る所で・・・あっというまに冠水し・・・
死ぬ思いで自宅に戻ったのは・・・午後9時前・・・・。
15分の距離を3時間掛かって、帰宅したんです。。。。

あれから15年・・・同じ災害が繰り返されぬようにと願っていましたが。。。。
昨日のテレビを見て、名古屋の人は他人事ではない思いです。

茨城・栃木・・・・福島・宮城の方へ。
取り残された方々の素早い救出と行方不明の方々の捜索を願っております。
そして今回の甚大なる水害の一刻も早い復興を!

また命を落とされた方へのご冥福をお祈り申し上げます。





秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。